postheadericon ハワイアンジュエリーの歴史

リング

ハワイアンジュエリーは、ハワイ王国最後の王・リリウオカラニ女王が感謝を込めて女学校の校長にブレスレットを贈ったのが始まりです。その後、女学校の生徒が自分の名前を彫ったものを付け始め、次第に母から子へと受け継がれる習わしとなり、最近ではお祝いや愛情表現として恋人や大切な人へ贈られるようになりました。

そのモチーフには幸せが繰り返すという意味を表す「波」や神聖な植物が使用され、愛や幸せなどの思いが込められています。現在ではブレスレットだけでなく指輪やネックレスなど種類も増え、職人によって世界に一つだけのものが手作りされるので、結婚指輪としても人気があります。

ハワイアンジュエリーを恋人、夫婦でつける
昨今のハワイブームにより、ハワイアンジュエリーにも注目が集まっています。

そもそもハワイアンジュエリーとは、ハワイのリウオカラニ女王がイギリスのヴィクトリア女王を慕い身につけていたブレスレットが由来で、それが一般に広まりいつしか親から子へ受け継がれるもの、大切な人に贈るものとして定着しました。

派手な宝石を付けず、繊細な彫り模様が施されたアクセサリーが人気で、そのシンプルさから普段使いのできる結婚指輪としても重宝されます。

また、名前を彫ることもできるため恋人同士で身につけるのも人気です。

postheadericon ペアリングをつける理由

プレゼント

ペアリングはカップルで同じものを身につけることになりますが、その理由は色々あります。その一つとなるのが、所有権と言う考え方です。

結婚指輪や婚約指輪などの場合には、結婚して配偶者がいる、つまりは配偶者に所有権があると言う証明であったり、婚約者がいるので結婚相手は決まっていますと言う合図だったりします。

それと同じで普通のカップルがするペアリングであっても、恋人がいますと言う合図や恋人に所有権があると言う印になっているのです。

ハワイアンジュエリー概要
ハワイアンジュエリーは、職人の伝統的な技法で彫られた美しい模様が特徴のジュエリーです。最近は、機械で彫られた安価なものも多く見受けられます。リングをはじめ、バングルというブレスレットより少し太めのアイテムが人気です。

模様には、幸せ、平和、絆といった神聖な意味が込められており、自由に組み合わせることができます。二つで一つの模様になるようなペアリングを作ることも可能なため、結婚指輪や大切な人への贈り物として、用いられています。

postheadericon ペアリングとは

赤いバラと手

ペアリングとは、おもにカップルが、お互いの愛の証として、また婚約や結婚の際の記念として購入し、同じデザインや形で、男女・サイズ違いをラインナップしている指輪のことを指します。

最近では、ハワイで新婚旅行をかねて結婚式をあげて、ハワイアンジュエリーをつけるカップルも増えてきています。これは、ハワイ伝統のジュエリーであり、ハワイらしいプルメリアやマイレ、ドルフィンなどをモチーフにしたデザインのものが人気があります。

ペアリングの歴史と今後
ペアリングは、かつては結婚指輪を指しており、もしくは結婚を約束した男女の間で互いに交換し合うものと認識されていました。

現在では、婚約をしていなくてもペアリングを指につける傾向が見受けられ、特にプラチナやゴールドなどの素材に人気が集まっています。ほかに、独特なデザインのハワイアンジュエリーへの関心も高く、個性的なメッセージを彫ることもできますので、今後も幅広い層から受け入れられると予測されています。

カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031